読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校に再入学した。

情報系の授業で、攻撃の方法、踏み台の使い方みたいなものを学ぶ。嵐の海賊船の上で切り替えたりしていた。

次は英語か数学。ろくに聞かずに内職。先輩から、こないだ渡した画像の背景どこで撮ったんだっけ、ときかれたので元画像のexifをみていた。あてられて慌てるが適度にこたえた。前の席には会社の若者がいた。

…という夢を見た、と会社でチームメンバと話している。一人が遅れてやってきて、こんど大学に入り直そうと思うんですよ、という話を始める。センター試験を受けてきたらしい。石塚情報大学、というところだった。近所らしく、そこのせんせいがやって来る。真ん中のレベルの学生を引き上げたいんですよ、私はもとは自動車整備工場をやってまして、という話をされる。なんとなく別れてしまったが、採用の話をするために名刺渡しとこうと思い直してカバンを探る。ない。