常磐線にずっと乗って目的の駅へ来た。会社の同僚数名と共に。駅前の道がぬかるんでて、場所によっては数十センチも沈む。

祖母の家に到着。校庭で小学生が遊んでおり、様子を見る。たけのこを使って暴走イノシシを釣り上げる。

奥の建物が病棟のようになっている。足を踏み入れる、警察がいる。昔の事件の捜査をしていて、安置されてるノートパソコンを受け取っている。昆布漬けになってる。

さらに奥に進む。トイレと非常口のようなドア。夜に来ると次のステージが開くようだ。みんなトイレに行っているが、不気味なので1人で引き返した。

このあと忘年会に行かねばならない。電車でまあまあ遠いから気をつけないと。駅前のぬかるみは気になったので見に行くと、すっかり晴れて固まってた。安心。

戻って、夜になったので向かう。不気味な廊下。非常口のようなドアは冷蔵庫のドアになってるようで、開けると奥から缶や瓶がどさどさ落ちてきた。しばらく見てると止まったので奥へ進む。巨大な空間、不気味だ。恐怖もあり、電車で3時間くらいかかるから忘年会に間に合うようにするならそろそろ出ないとねと切り出す。忘年会はリモート開催だから食べ物と飲み物を買っておけばいいんじゃないかと指摘される。そうだった、安心。