読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社の行事として、昼一から商店街の真ん中でカラオケ大会。みんな衣装・ダンスと気合が入っていた。自分は歌わずに眺めていたり、たまたま通りかかった学部の同級生としゃべったりしていた。猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」がきたので踊ろうとしたけどついていけなかった。