読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合宿から帰るところ。電車に乗り込む。雪国だからかみんな荷物が多い。
帰りは最寄りの好きなところで降ろしてもらえるため、各自バラバラに降りる。どこで降りるか悩んでたら夜の中洲で酔った同僚がふらふら歩いていってしまったので様子を見に行っていたらいつの間にかバスが出てしまっていた。終電もないのでタクシーかと途方に暮れる。いつの間にか酔っぱらいの男女ひとりずつ合流して盛り上がってるあなた達誰ですか、あこのまえの勉強会で話してた人ですかなるほど。相変わらずはしゃぐ酔っぱらい、気持ち悪いというので橋の下いけと案内して、さて改めてどうしよう実家方面ならタクシー相乗りしましょうか、みたいな話をしていると、中学校の頃の先生が登場。なぜか会社の同僚とも知り合いで、こんど飲みに行こうという話になった。