読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校に再入学した。

情報系の授業で、攻撃の方法、踏み台の使い方みたいなものを学ぶ。嵐の海賊船の上で切り替えたりしていた。

次は英語か数学。ろくに聞かずに内職。先輩から、こないだ渡した画像の背景どこで撮ったんだっけ、ときかれたので元画像のexifをみていた。あてられて慌てるが適度にこたえた。前の席には会社の若者がいた。

…という夢を見た、と会社でチームメンバと話している。一人が遅れてやってきて、こんど大学に入り直そうと思うんですよ、という話を始める。センター試験を受けてきたらしい。石塚情報大学、というところだった。近所らしく、そこのせんせいがやって来る。真ん中のレベルの学生を引き上げたいんですよ、私はもとは自動車整備工場をやってまして、という話をされる。なんとなく別れてしまったが、採用の話をするために名刺渡しとこうと思い直してカバンを探る。ない。

新しいゲームの開発に、サーバサイドの運用メンバとして携わっている。いよいよローンチを迎える。かっこいいPV。AR上でドローンを飛ばして競うゲームで、それぞれの地域ごとにコミュニティが成立するようだ。デモではSETTSUとでていたので摂津国なのだろう。体育館での記念イベントにいたのだが、目の前に何度もドローンが迫ってきて危なかった。エラーログの流れが速くなってきて不穏な気配を感じる。

会社の行事として、昼一から商店街の真ん中でカラオケ大会。みんな衣装・ダンスと気合が入っていた。自分は歌わずに眺めていたり、たまたま通りかかった学部の同級生としゃべったりしていた。猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」がきたので踊ろうとしたけどついていけなかった。

会社で全社の会の直後に、2人前に出てきて「枠民」という言葉の説明が始まった。驚いて聞いてみると、どうも民主主義の言葉の1つらしい。前に出た2人の主張は、バレンタインにスイーツタイムの導入の是非、だった。つまらないので帰った。

会社の人の結婚式招待状が届く。12/23。行けます、と返事していざGoogleカレンダーに入れようとすると、フィンランド旅行に出発する日だったことが発覚する。円高だから行きたい。
ドイツの輸出先はなぜドイツにならないのか。ドイツ製のリモコンが届いた。両側から赤外線が出る、ゲームパッドを接続できる。

飲み・カラオケに1人で行くと、「機種の希望はございませんか」「相席でもよろしいですか」と通された。
昔の知人たちにより、実家でサッカーが行われている。自分は遠くから見ている。ボールを紛失したようだ。探すのを手伝ってくれと言われるが、わからないものはわからない。あきらめ。外を見ると、3mくらいの凶暴そうなネコがいた。窓を閉めたまま必死におどかして去ってもらおうとする。

鮮やかな緑色のスープで炊いたごはん。自分で炊くんだけど、なかなかうまくできた。おじさんがやってきて、そこに魚とスープを入れ始めた。これが、名物鯛めしである!と渡された。小さめの鯛、キンメダイ?が何匹も入ってて、よく見るとお椀の中で動いてる。スープが一瞬濁ったあと、澄んだ青い色に変わった。食べられるのかわからなくておろおろ